コントロールするやり方は

一般にはカードのひと月の限度額がユーザーが日常決済する金額よりゆるく決めいているとユーザーは問題ないと誤解しむやみにクレカで支払ったりする傾向があるようです。ナールスピュア モニター

このようなクレジットカード使用過多を避ける意味でもクレカの最大金額をあらかじめ低レベルにしておこうということが、これから申し上げる記事のメインとなる考え方です。

月の限度額の引き下げ方△クレジットカードの利用限度額をコントロールするやり方は、月の利用限度額を上げる手順とともになんとも単純です。

クレジットカードの背面に記載されている専用窓口に問い合わせて、「月の限度額をもっと低くしてもらいたいです」ということをオペレーターに対して依頼するだけです。

現状のカードの限度額に比べて少ない上限であれば特別な審査もなくその場で限度額の変更ができます。

利用限度額を少なくするのは防犯とも繋がる…月の限度額をセーブしておくことは自己抑制というような効果はもちろん資産を守ることにも関係してきます。

万が一、ユーザーのクレジットカードが盗られて乱用されるとしても事前にカードの限度額を少なめに設定していれば被害を出来るだけ少なくすることができるからなのです。

心配する必要はないけれど、仮にクレジットカードが乱用されるようなことになったトラブルでもカード保有者に詐欺に加担するようなことがない限り、盗難保険として知られる機能が加入者を助けてくれるし心配はないのですが万が一のために必要のない月ごとの限度額はセーブしておくのも良い方法だと思います。

使うことのない利用限度額は良いとは言えないことなのです。

コンテンツメニュー

    Link