気付かない方が多くいるので確かめるよう

車を所有するあなたでしたら承知だのはずですが、自動車税というものが課税されます。

それでこの税金は手放す車の買取時に還付される税金なのです。

これは本当に自分でやるとすぐ頭に入ってくると思いますがでははじめから順を追って詳細に紹介します。

あえて注意書きすれば、国産のメーカーの車のみが対象ではなくドイツ車などでも還ってくる範囲に決まってます。

これはクルマについてもそうです。

自動車税というのは車を所有している人が支払い義務を負う税金なのですが税額は車の排気量毎に定められています。

1リッター以下のであれば29500円となり、1リッターより上で1.5リッターまでなら34500円です。

これ以降は500cc刻みで5000円ずつ増えていきます。

またこれは4月1日現在のの保有者が、来年3月までのお金を納める定めとなっています。

要は事前納付ということですから、もちろんクルマを売却して所有権を失った時などは先払いした分の税金は還付されるんですね。

この税の場合は事前納付で来年3月までの税額を納めますので年度内に自動車を売却したときは、買い取ったオーナーが自動車税の納付義務を負うのです。

売却先が買取専門業者の場合は買い取り時にあなたが前払いしている分のお金を返還してくれます。

まとめると所有権が移った日より後の税金は、権利が移った所有権を持った人が納税義務を負います。

もしも自分が10月のうちに自動車を買い取ってもらったのであれば、11月から来年3月の間までの払ったお金は返金されます。

というのも、前述した通り自動車税の場合は一年分を前払いしているという事実からもわかります。

まとめると、前所有者は買い取った相手に払いすぎたお金を返金してもらうということです。

業者を介さずに愛車を引き取ってもらう際に、意外にこのような大事なことに気付かない方が多くいるので確かめるようにすることです。

自動車税がクルマを手放すと返ってくるという事実を意外に知っている人が少ない事を利用してその事実を説明しない悪徳業者もあります。

こちらから返金に関して話を切り出さなければ全く税金のことに説明しないということもしばしば聞きます。

なので自動車の売却をするさいには、税金が返金されるのかどうかを確認することをおろそかにしないようにする必要があります。

コンテンツメニュー

    Link